どんな資格?

「カウンセラー」は、和訳すると
「相談員」という意味です。
この知識を習得したことを証明することで、
お客様やメディアに対して、あなたが
◆相続の分野において適格なレベルのトレーニングを受けていること
◆相続手続カウンセラーとして一定水準の知識や技能を身につけていること
◆常に最新の考え方や情報・技術を保持していること
を証明することができます。

 

知識習得について

年間130万件近くの相続が発生してます。葬儀が終わった後にしなければならない相続の手続きの数は108種類以上もあり、相続開始後のサポートに対するニーズが高まっています。

相続手続カウンセラー養成講座の内容は、葬儀後の相続手続きに特化しており、現場での実務能力や対応を育成するための認定制度です。

 

カウンセラー取得の5つのメリット

1 名刺に資格名を載せることで、お客様の信頼度が上がる。
2 社員教育にも活用でき、相続の知識や技能レベルが自然に向上する。
3 既存業務でのマーケティング、顧客との接点として活用でき、ビジネスの幅を拡げることができる。
4 相続ビジネスへの参入機会を獲得できる。
5 自分自身にとって失敗しない相続手続きの方法を知ることができ、知人にもアドバイスができる。

 

このような方におススメ!

士業などの専門家
(税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナーなど)
金融機関・保険会社・葬儀社・不動産会社・介護関係者
相続に関心の高い方
地域活動で相続の知識を活かしたい方
相続ビジネスに参入したい方

 

【SC】 相続手続カウンセラー®
協会では相続開始後の手続きに特化した資格である相続手続カウンセラーの高い水準を維持するため、統一基準での厳格な認定資格制度を設けています。

認定資格は、相続関連の業界で仕事をする場合や、顧客に対してあなたの信用性を証明するためのものです。認定資格は、ビジネスを築き、顧客を惹きつけるための素晴らしいマーケティングツールとなります。

認定を受けるために努力をすることは、あなたのビジネスの様々な分野において最高の水準を維持し、専門的知識を蓄えることを常に意識していることを意味します。

プロとしての教育を継続的に受け続けることができます。認定資格の最高のメリットは、資格により利益が上がる可能性があるという事です。より高いレベルの資格認定を受けることにより、収入がアップする可能性も高くなるということです。

認定者へは

・レポート記載内容が合格水準を超えた方に、認定証を授与
・名前の前後にSCを附することを許可
・シニア相続手続カウンセラーの受講資格を付与⇒更なるステップアップを応援

さらに、会員になると

1) メルマガによる相続最新情報を入手
2) エンデイングノート等の書籍を割引購入
3) 相続の知識習得講座(VTR版)を無料視聴
4) 相続に関する特別講座に無料参加
5) 無料電話コンサルティン グ(年2回)利用可能
6) 会員が行うセミナーに優待参加可能
*特典は随時追加予定
詳しくは、試験方法のページを参照ください

 

受講申込みはこちらから