上級試験について

【SSC】 シニア相続手続カウンセラー® ▶ 【MSC】 マスター相続手続カウンセラー® ▶

【SSC】 シニア相続手続カウンセラー®

この高いレベルの資格認定は、より能力があり、経験を積んだ上級の相続手続カウンセラーとしての信頼性を証明しています。

SSC資格認定を受けるためには、

(1) SSC養成講座を受講しSSC試験に合格すること

SSCに登録するためには、講師のスキルを身につける養成講座を受講する必要があります。
事前動画視聴後に、オンラインライブ配信で受講してもらいます。

【事前事前配信動画】
①警告!相続で注意すべき弁護士法等 
②心をつかむ!相続の初回相談マル秘テクニック 
③一目で分かる!業務管理のコツ
④一歩先を行く!相続の応用手続と周辺知識 
⑤人前で話す技術全部公開!講師のための教科書 
⑥模範相談ロールプレイング

【オンラインライブ配信】
⑦SSC試験の回答(ペーパーテストは事前に提出)
⑧事前配信した講座の振り返り 
⑨実務上の注意点
⑩トラブルになりやすいミスの予防法

【後日提出】
⑪ロールプレイング実演(収録)⇒後日フィードバック
⑫セミナー実演(収録)⇒後日フィードバック

(2) あなたが受けた教育とビジネスの経験の証明を申請書に記入して提出し、書類審査に合格すること

以上、上記2つの基準に合格してはじめて、SSCシニア相続手続カウンセラー®の認定を受けることができます。

講座価格:18万7,000円(税込)
※動画視聴+ライブセミナー 13万2,000円 + 審査料 2万2,000円 + SSC登録料 3万3,000円

参考
個別に同メニューのオンライン講座を受講した場合の定価は313,500円となります。

SSCの資格認定を受けたカウンセラーは、
“SSC”と名前の前後に附することができます。

注:SSC養成講座の価格、開催時期及びSSC書類審査の認定審査基準は変更になる場合があることをあらかじめご了承ください。

 

【MSC】 マスター相続手続カウンセラー®

この資格は業界内で最高レベルのカウンセラーであることを表します。資格認定の申請には、1年間フルタイムで相続の仕事をし、広範囲にわたるカウンセラーとしての教育の記録、プロとしての料金体系の証明が必要です。

また、プロとしての成果、例えば、オリジナルのセミナーレジュメやツールの開発、書籍や小冊子の出版、研修やトレーニング教材の開発などの証明も必要です。

さらに、協会に対する貢献、役員としての十分な活動実績、仲間からの認知度、業界内でのブランドとしての認知なども必要です。この資格認定を受けたカウンセラーは、 “MSC”と名前の前後に附することができます。

 

SSC及びMSCの認定については、相続手続カウンセラーに認定された方への、個別のご案内となります。
本ページからは申し込むことができませんので、ご了承ください。